新型コロナウィルス騒動に物申す!

JUGEMテーマ:新型インフルエンザ

 

 

 

写真業界も新型コロナのおかげで、撮影のキャンセルが相次いでいます。

 

安全ではないので、危機感を持つことは大切ですが、ちと騒ぎすぎだし『ゴッコ感』が半端ないと感じます。

 

だってさ、本気で感染予防なんか出来ると思ってるんでしょうか?

 

マスク購入とかヒートアップしてますが、WHOでさえ『マスク装着によるウィルス感染予防に優位性は見られない』って言ってるでしょww

 

たとえるなら、投網でミジンコ捕まえようとしているのと同じよね。

 

ただ何かに縋りたいから取り敢えず『マスクはしたい』だけですよね。

 

でも本気なら外出はしないべきだし、ゴーグルもしないと意味が通りません。

 

買い物とか、カートやカゴに触れたくないし、まして公衆トイレには絶対入れないはずです。

 

帰ったら玄関で着替えて、外出時に着た服は真っすぐ洗濯機です。

 

手洗いの上、使い捨て手袋も必須でしょう。

 

そこまでしたって、感染は完全には防げません。

 

だって食事はマスクしたままで出来ないものww

 

 

 

 

つまり、感染は防げないと思います。

 

なので、着目点は『感染しても発症させない』ことが一番楽だし確実ということになります。

 

一部の適当な噂では、幼少時にどのような感染をしたかによって免疫が違うとかいう話があります。

 

それって、毎年インフルエンザが形態を変えるから予防接種が必要であるという謳い文句に矛盾します。

 

まったく出鱈目な非科学的デマを医者でさえ真顔で発信するんだから、呆れますwww

 

ズバリ、腸内環境が一番に影響します。

 

日本の文化でもある保存食にその答えがあります。

 

保存料など使わなくても、長期保存がされる日本人の知恵が存在します。

 

その保存状態は、カビ菌をはじめ、あらゆる菌類を寄せ付けないために長期の保存が可能なのです。

 

簡単に言うと体内がその状態なら外部からウィルスが侵入しても、ウィルスが増殖できず数時間で死滅するというわけです。

 

これは机上の空論ではありません。

 

たとえばアフリカで新型の伝染病が流行したとします。

 

この感染によって多くの方が亡くなった時、そのほとんどは都市部の方ということがあげられます。

 

奥地の少数民族が絶滅した試しはありません。

 

体内に多くの常在菌が住んでいる環境に多少のウィルスが侵入しても生存できないだけの理屈です。

 

昔から不潔な子供ほど丈夫だったりしますww

 

でもこれって、理にかなった本当の話ですね。

 

衛生、キレイ、汚い、不潔の先入観を見直す時期になっているのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1